CUSTOM-MADE 1960 Custom Telecaster Heavy Relic Chocolate 3 Tone Sunburst

未分類

overview

「Fender American Vintage 62 Custom Telecaster」のリフィニッシュのご依頼誠にありがとうございます。

カスタム内容はリフィニッシュ加工を行い、1960 Custom Telecaster Heavy Relic Chocolate 3 Tone Sunburstのスタイルに近づけます。

スリートーンサンバーストのイエローはFENDERのナチュラル塗装におけるベーシックカラーを忠実に再現し、レッドは日焼けにより飛んだ風合いを作り出しました。

塗膜は極力薄くなるように研磨作業を重視しました。

process

Take a guitar to pieces

分解し各部の状態を調べます。

neck

Surface Preparation

塗装を取り除きます

指板調整を行い、R9.5に整形します。

ミディアムジャンボフレット(JIM DUNLOP / 6130)を打ち込みます。

Leveling

フレットのすり合わせを行います。

Painting

日焼け加工を行い、ニトロセルロースラッカーで下塗り、中塗り、上塗りの順に塗装します。

それぞれの塗装工程の間にサンディングを行う事で塗装の厚みを薄くします。

マスキングテープを取り除き、レリック加工を施します。

Install nut

Body

Surface Preparation

塗装を取り除きます。

日焼け加工を行います。

Painting

予めダメージを受け、塗装がはがれる部分に、マスキングテープを貼ります。

ニトロセルロースラッカーで、下塗り、中塗り、上塗りの順に塗装を行います。

レッドで塗装を行います。

ブラックで塗装します。

クリアで塗装を行います。

研磨を行います。

マスキングを剥がし、バインディング部分の塗装を取り除き、レリック加工、木目出し加工を行います。

Weather Check

ひび割れの細かさを調節しながら、自然にWeather Checkを起こさせます。

Hardware & Vintage Effect

金属パーツのさび加工を行います。
ネジ穴などは保護し、極力さびないようにします。

Pickguard & Control Knobs & Pickup Cover & Screw

プラスチックパーツのレリック加工をおこないます。
サンディングを行った後、研磨し、汚れを加工します。

Setup

組み立てます。

gallery

コメント

タイトルとURLをコピーしました