CUSTOM-MADE Remodeled John Mayer “McGill” San Dimas

Custom Order

About “McGill” San Dimas

John Mayer(ジョン・メイヤー)は2017年にCharvel(シャーベル)Custom Shopで製作したギターを
Instagram(インスタグラム)に投稿しました。
ベースモデルは「Charvel San Dimas」
ジョン・メイヤーが10代前半に持っていたスケートボード
「Powell Peralta McGill OG Skull and Snake」のデザインを元にしています。
カスタムアートペイントはペイント技術で定評のあるGMP Guitarsのダンローレンスによってペイントされました。
外観は使い込まれたスケートボードそのもの。
コントロールノブはホイールをイメージしたブルー 。
ピックアップにはEVH Wolfgangハムバッカーを搭載 。

ジョン・メイヤーは「このデザインはかねてからの夢でした」と語っています。

overview

John Mayer “McGill” San Dimas 仕様をご予約頂きまして誠に有難うございます。
詳細な仕様につきましては随時アップして参ります。

process

ボディはアルダー2ピース、ネックは板目のハードメイプルにエボニー指板

位置決めのあと、テンプレートよりけがきを行い、ラフカットします。
トラスロッドを設置します

トラスロッドの溝と背面の穴を開けます。

カーボンと鉄ハイブリッドのトラスロッドを設置します。

指板にフレットの溝を切り、ラフカットし、ネック材と接着し、不要な部分をトリムします。

指板及びグリップを削ります。

フレットを打設し、レベリングを行います。

ボディシェイプがストラトと若干異なるため、「CHARVELのPro-Mod San Dimas Style」から型を取りテンプレートから作成し、ボディを加工します。

各穴、ザクリを加工します。

面取りを加工

コンタを加工

塗装前にマスキングを行います。

サンディングシーラーを塗布、乾燥、サンディングを塗装面が平滑になるまで、3~4回繰り返します。

製作中

コメント

タイトルとURLをコピーしました