ビンテージ(レリック)加工って何?きずだらけで…

Relic

レリック加工とは

レリック加工とは使い込まれた風合いを特殊な加工によって再現することです。

2009年Fender Custom Shopが火付け役となりアメリカでブームになりました。
2020では、ギターのデザインの一つのカテゴリーとなっています。
解りやすい例ではジーンズのダメージ加工があります。

現在では、ジーンズのほとんどがダメージ加工を施したものが売られているように、ギターでも今後メジャーになる可能性は高いのではないでしょうか。

どんな魅力がある

では、どんな魅力があるのでしょうか。
レリック加工したエレキギターを最初に見たときには、単に傷がついて汚れただけの物じゃない?って思うのではないでしょうか。また、衝撃とかなりの抵抗感に見舞われるはずです。

例えば、新しいスマートフォンを買ったのに、速攻で、アスファルトに落として傷がついた。
なんてときに、これはビンテージ感がでた!!味がある!なんて思いません。

しかしながら、古い家具や大切に長く使い続けていたものには確かに味があるものです。
ビンテージ家具を見て汚らしいと感じる人はごく少数でしょう。

中でも、革製品や、木製品は使い込むほどに風合いが増すものではないでしょうか。
エレキギターも木製品なので、エイジド感が似合わない訳はありません。

その証拠に、ボロボロになったギターを長年愛用する有名なアーティストもたくさん存在します。
そのギターからはアーティストの歴史が伺えるほどです。

スティーヴィー・レイ・ヴォーン「Stevie Ray Vaughan」やゲイリームーア「Gary Moore」そのほかたくさんのアーティストが、ダメージギターを愛用してきました。

「Gary Moore 伝説のレスポール」by ichimonzi
「Stevie Ray Vaughan Number 1」by ichimonzi

では、アメリカで流行しているのになぜ日本ではそれほどではないのでしょうか。

レリック加工に対する誤解

私たちはモノを大切にする文化があります。
モノを粗末にするとバチがあたるなんて、心のどこかで思っていたりもします。
では、ビンテージ感のあふれたギターは受け入れられるはずなのです。

しかしながら、そうではありません。
真新しいギターを好む人の割合が多いような気がします。

なぜでしょう?

おそらく、ビンテージ加工(レリック)されたギターに対する誤解が原因ではないでしょうか。

国内で多く見かけるレリック加工されたものは「単に傷をつけられただけの新しギター」が多いからだと思われます。
これは、買ったばかりのスマホに傷が付いても、ビンテージ感が生まれないのと同じことだとおもいます。

本物のレリック加工には質感がある。

たとえば、ビンテージギターの塗装が剥げるには段階があります。

  1. クリアコートの変色、劣化、クラック
  2. クリアコートのはげ
  3. カラー塗装のはげ
  4. 下地材の劣化、はげ
  5. 木肌の劣化
クリアコートの劣化、はげ
クラック
カラー塗装のはげ
下地材の劣化、はげ
木肌の劣化

これらの多くの段階がビンテージギターには存在します。

しかし、「単に傷をつけただけのギターには」傷しか存在しません
違和感を感じるのはそれが原因ではないでしょうか。

「単に傷をつけられただけの新しギター」by ichimonzi

「丁寧にレリック加工したギター」by ichimonzi

コメント

タイトルとURLをコピーしました